収入証明不要な会社を見つけたい時に便利な消費者金融一覧

a1 (68)

 

お金が必要な方々としては、収入証明不要という点を重視する場合があります。なぜなら手間に関する問題が生じるからです。そもそも証明書が求められるとなると、それなりに時間がかかります。いきなり給料明細が必要と言われても、なかなか資金調達が難しい事もあります。

ところで賃金業者ではどこも同じかと言われれば、そうとも言えない一面があるのです。中には大手並みに、限度額が高めに設定されている会社もあります。そういう事柄に着目して、キャッシングアレックスなどが検討される事もあるのです。

ところで不要な会社を見つけたいと考えるならば、消費者金融一覧を確認すると良いでしょう。一覧サイトなどでは、たいてい書類に関する情報が書かれています。どこの会社なら不要なのか、直ちに分かる訳です。またそういうサイトならば、最大額なども明記されています。できるだけ大きな金額を借りたい時なども、一覧サイトを読んでみると、良い業者を効率的に探せるでしょう。

 

屈服をせずにツアーに参加して解決を試みる

法的な問題を解決するとなると、基本的には持久戦になります。短期間で解決するものではありません。それで人々は、たまに屈服しそうになっています。そういう時には、専門家によるオフィスツアーが推奨されます。なぜなら、それには専門アドバイスに関するメリットがあるからです。

専門家の人々は、たまにイベント等を開催しています。それに積極参加してみる事により、かなり深い知識を習得できるケースも目立つ訳です。それで問題解決に関する日数は、知識量と大きな関係があります。やはり詳しい人々の方が、解決に至るまでは短くなる傾向があるのです。もちろん知識が増加すれば、屈服になる確率も下がるでしょう。

ただし、それなりに良い事務所などを選ぶべき事は言うまでもありません。ノウハウが多い事務所ならば、解決率も高めになるからです。ちなみに事務所サイトによっては、会長声明などを明確にしている事もあります。それも事務所を選ぶ時の手段になり得るでしょう。

 

小口融資は元金均等返済方式が多い

各自治体では、事業者や個人に向けて、少額の融資をあっせんする、小口融資の制度があります。役所の生活課や産業課の窓口でたずねてみるのもいいですし、ホームページにもパンフレットがあることが多いです。返済方式は、一括か元金均等返済方式が多いです。たいていは、月賦(ローン)が組めます。そもそも一括で返済できるような資金繰りだったら、お金を借りにきませんよね。たまたまタイミングが悪くてという場合もありますが。

一般的にローンで返済する場合、方法は2種類あります。元利金等返済方式と元金均等返済方式です。元利金等返済方式は、期間内に毎回返済する金額が同じもの。返済スタート時は、返済額に占める利子の割合が多くなります。元金均等返済方式は、毎回返済する元金は一定で、それにローンの残高に対する利子をかけた金額をプラスして払うことになります。最初の返済負担は大きいですが、合計支払額は元利金等返済方式よりも少なくて済みます。